ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月20日

【ヴォルフスブルク1−1ブレーメン】MOM、採点・結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:フィン・バルテルス(FW:ブレーメン)


【得点経過】
1−0
:オリジ(28分、エンテプ)
1−1:バルテルス(56分、デラニー)

【試合後コメント】
マルティン・シュミット(監督:ヴォルフスブルク)「ハーフタイムまでは、我々が意図していたところはみてとれたと思う。精力的な、まさに男らしい戦いがそこにはあった。後半になってからは、開始早々から試合をつかめなかったのだが、しかし総じて見て気持ちでつかみとった勝ち点だと思うね」

アレクサンダー・ヌーリ(監督:ブレーメン)「前半はコンパクトに構えて守り、素早いカウンターをみせたかったんだ。しかし残念ながらあまりにもミスが多く、それによってなかなか思うようにいかなかったよ。後半ではいい戦いを見せていただけに、勝ち点3という結果を得られず残念だ。しかしまた次のチャンスがある」

【先発メンバー】