ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月16日

【ブレーメン0−2グラードバッハ】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチラース・シュティンドル(MF:グラードバッハ)


【得点経過】
0−1:シュティンドル(27分、アザール)
0−2:ヴェステルゴーア(34分、ヴェンデウ)

【試合後コメント】
アレクサンダー・ヌーリ(監督:ブレーメン)「手強いチームを相手にして、ほとんど対人戦にうまくはいることができなかったよ。うちが攻撃に転じる時間帯もあったが、しかしそれはあまりにも短いものだったね。得点を決めることができれいれば、もうちょっとエネルギーもでていたのかもしれないが」

ディーター・ヘッキング(監督:グラードバッハ)「私の見方では、今回は成功に非常にふさわしいものだったと思う。あえて苦言を呈するとするならば、3点目を奪うことができなかったということくらいだよ。シーズンの中では常に踏ん張りどきというものがあるものだが、今回のブレーメン戦はまさにそれがうまくいった試合となったね」

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報