ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月05日

【アウグスブルク1−1レヴァークーゼン】採点・結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:カイウビー(FW:アウグスブルク)

【得点経過】
0−1:フォランド(47分、ター)
1−1:ダンソ(49分)

【試合後コメント】
マヌエル・バウム(監督:アウグスブルク)「基本的にはこの勝ち点には満足している。立ち上がりは苦しんだし、運にもめぐまれたと思うよ。レヴァークーゼンは2・3の場面でうまく得点に結びつけることができていなかった。我々の目から見れば、1つのPKは得るべきだったと思う」

ハイコ・ヘアリヒ(監督:レヴァークーゼン)「今回の勝ち点はよかったと思う。ここでは多くのクラブが苦しんでいるところをみているしね。そうじゃないとアウグスブルクが勝ち点16を重ねているはずなんてないんだ。ベンダーの交代がいたかったね。ただ終盤では再び試合をコントロールできてはいたのだが」

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報