ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月05日

【ハンブルク2−1シュトゥットガルト】採点・結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:ヤン=フィーテ・アルプ(FW:ハンブルク)

【得点経過】
1−0:ハント(20分FK、)
1−1:ギンチェク(55分PK、)
2−1:コスティッチ(65分、ディークマイアー)
3−1:アルプ(69分、)

【試合後コメント】
マルクス・ギズドル(監督:ハンブルク)「立ち上がりは良かったし、試合を支配して、数多くのチャンスを作り出すことができていたね。私の目からみれば、シュトゥットガルトの退場処分が大きなポイントになったと思うよ。選手たちのメンタル面のことを危惧していたんだ。十人を相手にしてむしろ攻めあぐねてしまうということはよくあることだからね。だが冷静にチャンスをつかんでいた選手たちに賛辞をおくりたい。勝利にふさわしかったよ」

ハネス・ヴォルフ(監督:シュトゥットガルト)「立ち上がりはよかったのだが、しかしうまくプレスがかけられないところもいくつかあった。そして退場者がでてしまったよ。あれはファウルではないと思うのだがね。それから残念な形で失点を喫してしまったよ。ただツィーラーに批判はしない。彼にとってここにきて最初のミスだ。そして同点にできたのだが、それからはじめて与えてしまったチャンスで追加点を決められてしまったよ。残念な試合になってしまったね」

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報