ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月11日

DFBとDFLがブンデス1〜4部のファンたちと対話

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


木曜日にドイツサッカー連盟(DFB)とドイツサッカーリーグ機構(DFL)は、ブンデスリーガ1部から4部相当のレギオナルリーガに所属するクラブのファン組織の代表者たちとの直接対話を行なった。

この日にラインハルト・ラウバルDFL会長と共に参加した、ラインハルト・グリンデルDFB会長は「厳しい、タフな問題について話し合いを行なってきた」とコメント。

11項目について話し合いが行われたのだが、特にテーマとなったのはレギオナルリーガからブンデス3部への昇格、そして中国U20代表の参加に関するものであり、「これから徐々にタフになっていく問題へ取り組んでいくことになるよ」と語っている。

さらにスタジアムの入場禁止や、持ち込みのグッズなどにも話は及んでおり、「DFBとしてはここにシグナルを送りたい」と同氏。またアウェイ客でのルールについては、多種多様となり問題化していることからも「これにむけて取り組まなくては」と述べた。

今回の話し合いの内容については、ブンデス1部から3部のクラブすべてに通知されるとのこと。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報