ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月19日

【バイエルン3−0アウグスブルク】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:ロベルト・レヴァンドフスキ(FW:バイエルン)

【得点経過】
1−0:ビダル(31分、ズーレ)
2−0:レヴァンドフスキ(38分、ビダル)
3−0:レヴァンドフスキ(49分、キミヒ)

【試合後コメント】
ユップ・ハインケス(監督:バイエルン)「試合をつかむのに少々手間取ってしまった。相手のストラクチャーがとても良かったのでね。試合に臨む姿勢、頭の中をクリアにするということが十分にできていなければ、我々はなかなか勝利をつかむことなどできないということだ。25分からはうちのコンビネーションプレーを見出してよくなっていったよ。そし先制点を決めたことで、試合がやりやすくなったね。それからは自分たちの力を見せつけることができたし、とてもいいパフォーマンスをみせていたと思う」

マヌエル・バウム(監督:アウグスブルク)「しっかりと試合に入ることができていたし、相手にそこまで隙を与えてはいなかったのだが。しかし苛立ちを感じるのは、最初の2失点ともに、ロストから許してしまったというところだよ。後半からは、我々は再び策を練って臨んだのだが、しかしながら今のバイエルンからはみなぎる自信が見て取れるね。非常にアグレッシブにプレスをしかけ、そして前に攻めたてていた。まちがいなく、彼らが勝利にふさわしい戦いを見せていた」


【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報