ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月19日

【ヴォルフスブルク3−1フライブルク】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:ユヌス・マリ(MF:ヴォルフスブルク)

【得点経過】
1−0:ゲルハルト(3分、ディダヴィ)
2−0:マリ(29分、ディダヴィ)
2−1:カプストカ(68分)
3−1:マリ(70分、ゲルハルト)

【試合後コメント】
マルティン・シュミット(監督:ヴォルフスブルク)「決してロッカールームがお祭り騒ぎだったということはない。しかしある程度のプレッシャーから解放されたことは確かだ。今回の勝利は、我々がチームの成長を目指していくなかでとても重要な意味をもつよ。しかしながら時には、まだコンストラクチャーが100%のところまではないこともまた見て取ることができたと思う」

クリスチャン・シュトライヒ(監督;フライブルク)「選手たちはあらゆる手段を尽くしてくれた、しかしながら運に見放されてしまったよ。我々は開幕から、とにかく勝ち星に恵まれていない。だから順位表の下位へと沈んでしまっている。今回の敗戦の決め手となってしまったのは、ディフェンス面において我々はあまりにも多くのミスをおかしてしまったということろにあるよ」

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報