ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月20日

ラームがドイツ年間最優秀選手賞を受賞に「意義深い」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨シーズン限りで、その偉大なキャリアに終止符を打った元ドイツ代表主将フィリップ・ラーム。その有終の美として、ラームは一年間最優秀選手を受賞。その授与式が金曜日に行われた。

今回の選出にあたっては、CL制覇、8度のリーグ優勝と6度のポカール制覇、さらには主将としてブラジルW杯を制したその功績を讃えたという意味合いも加味されたとみられ、ラームは自身のツイッターにて、「このことがとても意義深いものだ」とコメント。

同賞はkicker紙の運営によりドイツ・スポーツジャーナリスト協会のメンバーからの投票で選出される形となっており、今年は前年度の674人を大きく上回る885人が参加。そのうち242票を獲得しており、レアル・マドリードのトニ・クロースに50票差をつけたラームが初選出となった。3位は130票獲得したピエル=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報