ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月26日

【ライプツィヒ2−0ブレーメン】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:ナビー・ケイタ(MF:ライプツィヒ)

【得点経過】
1−0:ケイタ(34分、)
2−0:ベルナルド(87分、)

【試合後コメント】
ラルフ・ハーゼンヒュットル(監督:ライプツィヒ)「今日はとても精力的な戦いを行なった。相手に苦しめられたし、モナコ戦のときにようにうまくカウンターを仕掛けるということができていなかったよ。ただ最終的に無失点に抑えられたことを嬉しく思っている。」

フロリアン・コーフェルト(監督:ライプツィヒ)「まさに接戦という試合展開になったね。選手たちはしっかりとディフェンスをしていたし、いいカウンターからのチャンスも作り出していた。しかしながら2つの失点を許してしまったよ。そこでは、我々のポゼッションプレーにまずさが見られていたね。ただ総じて見て今回みせたパフォーマンスは満足のいくものだったとは思う。しかしながら結果としてはついてこなかったよ。我々としては勝ち点1は確保したいところだったのだが。」

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報