ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月26日

【アウグスブルク2−1ヴォルフスブルク】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:アルフレッド・フィンボガソン(FW:アウグスブルク)

【得点経過】
0−1:ディダヴィ(40分、クノッヘ)
1−1:グレゴリッチュ(51分、フィンボガソン)
2−1:フィンボガソン(78分、マックス)

【試合後コメント】
マヌエル・バウム(監督:アウグスブルク)「非常に難しい試合となった。我々は前半ではそこまで目的意識をもってプレーすることができておらず、ポゼッションも決してよかったとはいえないものだったね。後半では我々は非常にいい戦いを見せていたと思う。オフェンスを仕掛けていき、そしてふさわしい形で勝利をおさめることができたよ。相手が数的不利という異なる状況のなかで、ヴォルフスブルクのようなチームを相手にうまく克服してくれた選手たちのことを誇りに思っている」

マルティン・シュミット(監督:ヴォルフスブルク)「おかしな感じだね。みんなが二つの場面(ビデオ判定と退場)のことばかりを口にしている。1度目はまるでおしっこをかけられた電柱、もう1回はその逆の犬にでも扱われたような感じだった。ゲッツェ選手が以前に話していたコメントはお気に入りでね。ライン際までいって文句を言い続けるようなことはしようとは思わなかったよ。退場処分が撤回されたことなんてないのだから。確かにあの退場は敗戦の言い訳にできるかもしれん。しかしその前にミスをしていたのだから、その点は改善していかないとね」

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報