ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月26日

【グラードバッハ2−1バイエルン】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:トルガン・アザール(MF:グラードバッハ)

【得点経過】
1ー0:アザール(39分、PK)
2−0:ギンター(44分、シュティンドル)
2−1:ビダル(74分、)

【試合後コメント】
ディーター・ヘッキング(監督:グラードバッハ)「この勝利は本当にいい気分を味わえるものだね。気持ちを前面に押し出したプレーをみせたいと思っていた。スペースを非常に狭くすることができていたし、いいタイミングで運が我々の味方についてくれたよ。後半ではもうちょっとボールを持てるかと思ったのだが、とことん抑えこまれた感があったね」

ユップ・ハインケス(監督:グラードバッハ)「前半についてはあまりにも精力性に物足りなさが見られた。あまりにスローで、正しいリズムを見出すことができていなかったよ。グラードバは非常にうまくフォーメーションでき、カウンターを繰り出してくるチームだ。前半を思えば敗戦も致し方ないものがある。後半では1点返すことができたのだが。そこでは選手たちは非常に精力的にプレーしていたものの、グラードバッハはクレバーにポゼッションしてディフェンスを行なっていたよ。総走行距離でも納得のいくものだったのだがね、しかしながらこの試合は前半で敗れてしまったんだ。」

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報