ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月04日

【ヴォルフスブルク3−0グラードバッハ】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:ユヌス・マリ(MF:ヴォルフスブルク)

【得点経過】
1−0:マリ(4分、ゴメス)
2−0:ディダヴィ(25分、マリ)
3−0:ギラボギ(71分、)

【試合後コメント】
マルティン・シュミット(監督:ヴォルフスブルク)「素晴らしい勝利だ。良い試合をみせることができたよ。アウグスブルク戦での後で、うまくきっかけをみつけて、いいリアクションをみせることができた。前半終了間際には、グラードバッハのオフェンスにディフェンス陣が苦しめられることにはなったのが、それはわかっていたことさ。今回の勝ち点3はとても重要だyお。順位表の中盤にあがるための足がかりとなるね。」

ディーター・ヘッキング(監督:ヴォルフスブルク)「残念ながら最初の20分間にわたって、自分たちの試合を見出すことができていなかったね。そこについては話し合っていかなくてはならない。あまりに受け身に守備を行なってしまい、そして容易に失点を許してしまっていた。確かに2−0とされたところは見事なプレーではあったけれどもね。前半終了前の15分間については、我々は本当にいい戦いができてたのdが、そこでチャンスを活かすことができなかったよ。後半でもポゼッションからいい場面はあったのだがね。3−0とされて試合は決まってしまった」

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報