ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月13日

【ヴォルフスブルク1−1ライプツィヒ】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:ペーター・グラーチ(GK:ライプツィヒ)

【得点経過】
1−0:フェルハーフ(15分PK、ゴメス)
1−1:ハルステンベルク(52分、ポウルセン)

【試合後コメント】
マルティン・シュミット(監督:ヴォルフスブルク)「これほどに手強いライプツィヒと戦うためには、非常に神経が削られるというものだ。残念ながらオフェンス面であと少しのクオリティにかけてしまったところがあったがね。総じて見て今回の勝ち点獲得にはふさわしかったと思うし、これからの戦いに向けての自信と力につながるものさ」

ラルフ・ハーゼンヒュットル(監督:ライプツィヒ)「75分間までについては、とてもいいプレーを見せていたとおもう。ただ最後のところでの正確性にかけてしまっていたがね。残念ながらここ数週間はなかなか結果に報われないところがある。失点が多すぎるし、なかなか無失点におさえられない。ただ前半戦を総じて振り返れば、選手たちは非常にがんばってくれている。その印象は受けてはいるよ」

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報