ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月13日

【ハンブルク1−2フランクフルト】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:ティモシー・チャンドラー(DF:フランクフルト)

【得点経過】
1−0:パパドプロス(9分、ハント)
1−1:ヴォルフ(16分、チャンドラー)
2−1:ガチノヴィッチ(24分、チャンドラー)

【試合後コメント】
マルクス・ギズドル(監督:ハンブルク)「立ち上がりはよかったのだが、しかし単純なミスから同点に追いつかれてしまい、それかれは緊張の糸が切れてしまっていたようだね。そんなことは決して許されることではないし、最近ではそういうところはなかったのだが。あの20分間は決して許されるものではないし、選手たちにはそういった時間でも責務をもって取り組んでほしいと思っている。もしも後半で得点を決められないならば、勝ち点など得られるものではないさ。ただそれを我々は求めているのだがね」

ニコ・コヴァチ(監督:フランクフルト)「先制点を許す展開から、うまく試合を戻すことができたし、正直前半のうちに5−2になってもおかしくはなかったと思う。後半については、明らかにハンブルクの方がよかったし、つきに恵まれての勝利だったことは強調していく。ただそれでも意欲で掴み取ったこの勝利は嬉しいものがあるがね。」

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報