ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月13日

【マインツ0−2ドルトムント】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:マルセル・シュメルツァ(DF:ドルトムント)

【得点経過】
0−1:ソクラテス(55分、トプラク)
0−2:香川真司(89分、オーバメヤン)

【試合後コメント】
サンドロ・シュヴァルツ(監督:マインツ)「前半に関してはとてもしっかりとした戦いを演じられていたとは思う。明確にアクションを起こすことができていたし、少しの不運にも見舞われた。最後なかなか試合をひっくり返すのが難しかった。とても苛立ちを覚えるよ。少なくとも勝ち点1にはふさわしい戦いではあったのだが。

ペーター・シュテーガー(監督:ドルトムント)「非常に大きな歓喜に包まれていることだろう。喜びとともに、安堵もまた大きなものがあるがね。我々は少し整理をして試合に臨み、後半の方では少しよりよくなっていたと思う。ただあまり時間があったわけではないので、いろいろ話し合うことはちょっと難しいところもあったよ」

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報