ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月17日

【アウグスブルク3−3フライブルク】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:アルフレッド・フィンボガソン(FW:アウグスブルク)

【得点経過】
1−0:フィンボガソン(1分、カイウビー)
1−1:ギュンター(20分、クラインディーンスト)
1−2:ペテルセン(48分、クラインディーンスト)
1−3:ペテルセン(65分、クラインディーンスト)
2−3:フィンボガソン(90+1分、マックス)
3−3:フィンボガソン(90+3分、グレゴリッチュ)

【試合後コメント】
マヌエル・バウム(監督:アウグスブルク)「立ち上がりはよかったし、2−0にしなくてはならなかったと思う。同点とされてから、セカンドボールが拾えなくなってしまったね。ビデオ判定については、正しい判断が下されたと思うよ。あれは明らかにハンドだった。ここまでの勝ち点24という結果については、非常に受け入れられるものだと思うし、選手たちのこと、アウグスブルクファミリー全体を誇りに感じるよ。しかしながらまだ改善点があるという部分も、それと同時にみてとれるのもまた確かさ。」

クリスチャン・シュトライヒ(監督:フライブルク)「アウグスブルクはいい立ち上がりを見せて、とてもプレスをかけてきていたね。我々は打開策を見出せずにいたよ。1−1となってからはとてもすばらしい試合となった。ただカウンターをうまく繰り出せなかったところについては残念だよ。3−3という結果は、我々にとっては辛いものだね。しかしながら選手たちを批判するつもりなどない。」


【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報