ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月17日

【ケルン1−0ヴォルフスブルク】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:ドミニク・ハインツ(DF:ケルン)

【得点経過】
1−0:クレメンス(67分、ヨイッチ)

【試合後コメント】
シュテファン・ルーテンベック(監督:ケルン)「中盤とアウトサイドにおける対人戦でのクオリティによって勝利をおさめた。あまり相手に自由を与えていなかったし、そもそも相手がスペースを模索してくることはわかっていたことだ。今回の勝利は精力的な取り組みにより掴み取ったもの。それ以上のこともそれ以下のこともない」

マルティン・シュミット(監督:ヴォルフスブルク)「今回の試合で勝利をおさめたかったし、ポゼッションという面で見れば試合を支配していたと思う。だがケルンにカウンターを許す結果となり、それで相手を勢いづけてしまったよ。ただそれでも勝ち点1をおさめてもおかしくはなかったとは思うのだが、もっとコンスタントにプレーできないとね。それが今冬の準備期間でのタスクとなるよ。ケルンの今季初勝利を祝福したい」

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報