ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月17日

【ドルトムント2−1ホッフェンハイム】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:香川真司(MF:ドルトムント)

【得点経過】
0−1:ウート(21分、カデラベク)
1−1:オーバメヤン(63分PK、香川真司)
2−1:プリシッチ(89分、香川真司)

【試合後コメント】
ペーター・シュテーガー(監督:ドルトムント)「今日の試合内容を見る限り、決して勝つべくして勝ったといえるものではなかった。対人戦ではうまく対応できていなかったしね。しかしホッフェンハイムが2点目を決めきれないというツキにも恵まれたし、プリシッチはうまくゴールを決めてくれた。そして香川真司から放たれた深い位置へのあのパスは見事なものだったよ」

ユリアン・ナーゲルスマン(監督:ホッフェンハイム)「いい試合をしていた。決して敗戦してもしょうがない内容だったとは思わないよ。我々は今シーズン、昨年よりもここまで8試合より多く戦っている。それが違いさ。こういう、なかなか抜け出せない時期というものは来るものだよ

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報