ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月20日

【ポカール:シャルケ1−0ケルン】結果、コメント

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【得点経過】
1−0:マイヤー(63分、オチプカ)

【試合後コメント】
ドメニコ・テデスコ(監督:シャルケ)「ケルンはいいディフェンスを見せていたし、とても辛抱強く守っていた。その結果、苦しめられることになったよ。多くロストしてしまっていたね。ただ後半ではよりよいプレーを見せていた。先制点を取る前にも十分な得点チャンスがあたよ。リードしたのも内容に見合っていたものだったと思うし、試合のほとんどでコントロールしていた。だから勝利にふさわしかったと言えると思うね。」

シュテファン・ルーテンベック(監督:ケルン)「我慢のサッカーができていた。うまくポジショニングをしたいと思っていたし、先制点をとられるまでは実際によかったと思う。最終的には主力選手の不在を改めて痛感する結果となってしまった。シャルケは勝利にふさわしかったと思う。でも我々も全力を尽くして戦った」

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報