ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月04日

ブンデス前半戦:ボールタッチ数ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今シーズンのブンデスリーガ前半戦では、いったいどの選手がもっとも頻繁にボールに触る機会を得ていたのか?ランキングにはバイエルンの選手が6人、ドルトムントの選手が4人含まれたが、しかしそのトップにたったのはライプツィヒ在籍のあの選手だ。

15位【83回/90分】ヴィリ・オルバン(CB:ライプツィヒ)

15位【83回/90分】チャールズ・アランギス(MF:レヴァークーゼン)

13位【84回/90分】ケヴィン・フォクト(DF:ホッフェンハイム)

12位【87回/90分】ナビー・ケイタ(MF:ライプツィヒ)

11位【91回/90分】コランタン・トリッソ(MF:バイエルン)

10位【92回/90分】ジョシュア・キミヒ(SB:バイエルン)

9位【92回/90分】マッツ・フメルス(CB:バイエルン)

8位【93回/90分】アルトゥーロ・ビダル(MF:バイエルン)

7位【96回/90分】ソクラテス(CB:ドルトムント)

6位【97回/90分】マーク・バルトラ(CB:ドルトムント)

5位【98回/90分】ヌリ・シャヒン(MF:ドルトムント)

4位【98回/90分】ハメス・ロドリゲス(MF:バイエルン)

3位【100回/90分】ラフィーニャ(SB:バイエルン)

2位【103回/90分】エメル・トプラク(CB:ドルトムント)

1位【105回/90分】ディエゴ・デメ(MF:ライプツィヒ)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報