ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月11日

【バイエルン6−0ハンブルク】結果、コメント、MOM等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年3月10日15時30分〜(日本時間23時半)

【スタジアム】アリアンツ・アレナ(ミュンヘン:最大収容人数7万1000人)

【主審】ディンガート

【1部通算対戦成績】64勝22分19敗(バイエルン)

【得点経過】
1−0:リベリ(8分、)
2−0:レヴァンドフスキ(12分、キミヒ)
3−0:レヴァンドフスキ(19分、アラバ)
4−0:ロッベン(55分、)
5−0:リベリ(81分、フメルス)
6−0:レヴァンドフスキ(90分PK、キミヒ)

【マン・オブ・ザ・マッチ】フランク・リベリ(バイエルン:MF)

【試合後監督コメント】
ユップ・ハインケス(監督:バイエルン)「非常に力強い立ち上がりを見せていたし、うまく試合に入って、早い段階で3得点をあげることができたね。そうなればどんな相手だって苦しくなるものだよ。また私の見方では追加点をしっかりと重ね、そして守備面では相手に自由を与えていなかったことが重要だ。CLベシクタシュ戦をはじめ、これからの戦いに向けて重要なものだよ。不安定な状況へと陥ってしまったチームを相手に勝利にふさわしい戦いをみせられた。だから結果については大げさに評価するようなことはしない。重要なことは引き続き、パフォーマンスをもっと向上させていくことにある。」

ベルント・ホラーバッハ(監督:ハンブルク)「開始18分そこそこで3−0とされてしまっては、もちろんミュンヘンの地では苦しくなってしまうというものさ。我々としては意欲的に試合にのぞみ、そして前のめりの戦いを見せたかったのだが。しかしながら結果的には、バイエルンにスペースを与えてしまえばどうなるのか。それを目の当たりにすることとなったよ。バイエルンは決してなめてかかるようなことはしてこなかったし、敗戦は致し方ないとはいえ、ただ今回みせていたパフォーマンスについては満足などできないものだったさ」

【先発】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報