ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月18日

【グラードバッハ3−3ホッフェンハイム】採点・結果、コメント、MOM等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年3月17日15時30分〜(日本時間23時半)

【スタジアム】ボルシア・パーク(グラードバッハ:最大収容人数5万4018人)

【主審】ペテルセン

【1部通算対戦成績】6勝7分7敗(グラードバッハ)

【得点経過】
0−1:ヒュブナー(13分、クラマリッチ)
1−1:ドルミッチ(33分、キュイザン)
1−2:クラマリッチ(58ふんPK、ニャブリ)
2−2:シュティンドル(72分、ホフマン)
2−3:グリリッチュ(73分、ウート)
3−3:ギンター(90分、ラファエル)

【マン・オブ・ザ・マッチ】ミカエル・キュイザンス

【試合後監督コメント】
ディーター・ヘッキング(監督:グラードバッハ)「素晴らしい試合だったと思う。ただもちろんミスもあったのだがね。ただ試合に対する気持ち、リードされても諦めなかった闘志についてはよかったよ。今回の勝ち点については、オーケーとしなくてはならないさ」

ユリアン・ナーゲルスマン(監督:ホッフェンハイム)「観客にとっては面白い試合だったことだろう。今回の勝ち点については、私としてはオーケーだ。何人かの選手についてはそこまで調子がよくなかったし、その点を考えても勝ち点1以上のものはなかったと思うよ。」

【先発】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報