ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月18日

【ハンブルク1−2ヘルタ・ベルリン】採点・結果、コメント、MOM等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年3月17日15時30分〜(日本時間23時半)

【スタジアム】フォルクスパーク・シュタディオン(ハンブルク:最大収容人数5万7000人)

【主審】カンプカ

【1部通算対戦成績】27勝13分30敗(ハンブルク)

【得点経過】
1−0:ダグラス・サントス(25分、コスティッチ)
1−1:ラザロ(分、プラッテンハルト)
1−2:カルー(63分、マイアー)

【マン・オブ・ザ・マッチ】ヴァレンティノ・ラザロ

【試合後監督コメント】
クリスチャン・ティッツ(監督:ハンブルク)「いい前半を見せられたし、リードを奪って折り返すことができた。しかしそれからがこの試合のキーポイントとなってしまったよ。ハーフタイムでヘルタは仕掛けてきて、逆に我々のほうは意欲に欠けてしまっていた。それからはなかなか対人戦にうまく入れなくなってしまったね。そうなれば相手と対峙するのは難しくなってしまうというものさ。」

パル・ダルダイ(監督:ヘルタベルリン)前半に関しては、思い描いていたことがあまりうまく機能していなかったね。ハーフタイムではいくつかの変更を行い、相手に少し不安を与えることができたよ。1−1としたことで肩の荷が少しおりたし、カルーはその得点嗅覚を再び示してくれたね。」

【先発】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報