ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月01日

【レヴァークーゼン0−0アウグスブルク】採点・結果、コメント、MOM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年3月31日15時30分〜(日本時間22時半)

【スタジアム】ベイ・アレナ(レヴァークーゼン:最大収容人数3万210人)

【主審】ヴレンボルク

【1部通算対戦成績】8勝5分0敗(レヴァークーゼン)

【得点経過】
なし

【マン・オブ・ザ・マッチ】チャールズ・アランギス(レヴァークーゼン)

【試合後監督コメント】
ハイコ・ヘアリヒ(監督:レヴァークーゼン)「今回のドローは、我々にとっては敗戦のように感じるものだ。いくつかを除き、試合をしっかりとコントロールできていたというのにね。得点チャンスも確かにあった。だが前線では正確性に欠けていたよ。」

マヌエル・バウム(監督:アウグスブルク)「選手たちのことをとても誇りに思っている。お互いのために犠牲心をもって戦っていた。ビデオ判定についてはついていたところがあったし、今回の勝ち点1は喜んで受け取るよ」

【先発】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報