ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月21日

【グラードバッハ3−0ヴォルフスブルク】採点・結果、コメント、MOM等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年4月20日20時30分〜(日本時間27時半)

【スタジアム】ボルシア・パーク(グラードバッハ:最大収容人数5万4018人)

【主審】シュティーラー(kicker採点3.5)

【1部通算対戦成績】11勝5分20敗(グラードバッハ)

【得点経過】
1−0:シュティンドル(8分、)
2−0:ラファエル(35分、)
3−0:クラマー(44分FK、)

【マン・オブ・ザ・マッチ】ラース・シュティンドル

【試合後コメント】
ディーター・ヘッキング(監督:グラードバッハ)「非常にいい立ち上がりを見せていた。とても積極的に相手に食らいつき、またアグレッシブに前に向かって戦っていたよ。この点差は内容に見合ったものだともいえる。ただこれからすぐに欧州へと目を向けてしまうような、そんなミスはおかすべきではない」

ブルーノ・ラバディア(監督:ヴォルフスブルク)「我々は非常に簡単に失点を重ねていってしまった。あまりにも容易にロストしてしまったことで、グラードバッハを勢いづかせる結果となってしまったよ。後半については当初みせたかった戦いができていたのだが。チームとして我々はうまく機能していなかった。そういった部分について、はっきりと伝えていかなくてはならない」

【先発】



 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報