ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月30日

【マインツ3−0ライプツィヒ】採点・結果、コメント、MOM等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年4月29日15時30分〜(日本時間22時半)

【スタジアム】オペル・アレナ(マインツ:最大収容人数3万4000人)

【主審】ダンカート(kicker採点5.5)

【1部通算対戦成績】1勝1分2敗(マインツ)

【得点経過】
1−0:デ・ブラシス(29分PK、武藤嘉紀)
2−0:マキシム(85分、武藤嘉紀)
3−0:バクー(90分、ブロシンスキ)

【マン・オブ・ザ・マッチ】アレクサンダー・ハック

【試合後コメント】
サンドロ・シュヴァルツ(監督:マインツ)「本当によかった、特に後半ではね。まさに勝利にふさわしいものだったと思う。詰め掛けてくれたみなさん、間違いなくセンセーショナルだった。これからもマインツはいくぞ!しかしただまだ越えなくてはならない山は残されているがね」

ラルフ・ハーゼンヒュットル(監督:ライプツィヒ)「2つのキーポイントとなる場面があった。1つめはPKの場面だ。あれは軽い接触であり、PKとなるべきではなかっただろう。2つ目はユスフ・ポウルセンに対するエルボーだよ。だが審判はそう判断しなかった。その点では我々には有利なジャッジは受けられなかったと言えるだろうね。」

【先発】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報