ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年05月06日

【シュトゥットガルト2−0ホッフェンハイム】採点・結果、コメント、MOM等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年5月5日15時30分〜(日本時間22時半)

【スタジアム】メルセデスベンツ・アレナ(シュトゥットガルト:最大収容人数6万0441人)

【主審】ツヴァイヤー(kicker採点3)

【1部通算対戦成績】7勝5分5敗(シュトゥットガルト)

【得点経過】
1−0:ゴメス(25分、ゲントナー)
2−0:ゴメス(74分、トミー)

【マン・オブ・ザ・マッチ】マリオ・ゴメス

【試合後コメント】
タイフン・コルクート(監督:シュトゥットガルト)「ここ数週間の試合で見せてくれている選手たちの奮闘ぶりに、大きな賛辞を送りたい。それがこの試合のまさにハイライトだった。退場者が出てしまったことで苦しくはなったが、そこできたのがマリオ・ゴメスだよ。少ないチャンスで試合を決める、それがこの試合の結果を分けることになったのさ」

ユリアン・ナーゲルスマン(監督:ホッフェンハイム)「まだ自分たち次第という状況に変わりはない。我々としてはしっかりと目を見開いて、そして自身をもって最後の試合に臨みたいと思う。決してチャンスは小さなものではないのだから。ドルトムントとの差はそこまでないし、レヴァークーゼンについても同様だよ。ただもっともプレッシャーがかからないのがドルトムントということにはなるがね。」

【先発】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報