ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年05月24日

リーグ戦のみならず財政面でも国内独走のバイエルン

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Erv?ffnung des neuen Fanshop des FC Bayern Mvºnchen am Flughafen Mvºnchen
Fussball 1 . Bundesliga Saison 2016 / 2017
Copyright by : sampics Photographie |



バイエルン・ミュンヘンがドイツで圧倒的な力を誇っているのは、何もリーグ戦での勝ち点数だけではない。世界的な会計事務所であるKPMGによるクラブ価値や、独立した第三者としてデロイトが精査した財務実績の報告からも、バイエルンが他の追随を許さず独走していることがみてとれる。

デロイトが今年のはじめに発表したフットボールマネーリーグ2018(2016/17シーズン)によれば、マンチェスター・ユナイテッドの総収入は6億7630万ユーロで、2位レアル・マドリードが6億7460万ユーロでこれに続く。前回2位だったバルセロナは増収したもののレアルに交わされて3位(6億4830万ユーロ)。前回マンチェスター・シティを交わして4位に浮上したバイエルンは、若干の減収となったがそれでもKMPGのクラブ価値と同じ4位のまま。

またドルトムントやシャルケといった、ブンデスリーガのクラブとの差はあまりにも大きく、2番手につけるドルトムントは3億3260万ユーロ、シャルケは2億3020万ユーロとなっている。ただしこの数字には移籍金は加味されていないことに注意。

1. FC Bayern München 587,8 Mil. Euro
2. Borussia Dortmund 332,6
3. FC Schalke 04 230,2
4. Borussia M’gladbach 169,3
5. Hamburger SV121,5
6. 1. FC Köln112,1
7. Eintracht Frankfurt 105,8
8. SV Werder Bremen 89,0
9. Hertha BSC84,3
10. FSV Mainz 05 83,4


  • ブンデスリーガ・各チーム情報