ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月16日

小池龍太に関心の2部ドレスデン、スウェーデンU21主将獲得か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏に右サイドバックの補強を目指しているブンデス2部ディナモ・ドレスデンだが、先日獲得間近にまで迫っていたダニエル・オパレが、最終的にベルギー1部ロイヤル・アントワープFCへと移籍することが確定。

 その一方で大衆紙ビルトは、その代案として同紙が『JリーグNo.1右SB』と評した、柏レイソル所属の小池龍太をリストアップしていたことを報じていたものの、日曜日にビルト紙は、すでにスカンジナビアのメディアからの情報として、スウェーデンU21代表主将、リヌス・ワールクビストの獲得がほぼ成立していることを伝えた。

 記事によればスウェーデン1部ノルシェーピン所属のサイドバックは、強くドイツへの挑戦を希望しており、そもそもブンデス1部昇格のデュッセルドルフへの移籍が成立間近にまで迫っていたものの、それ以前に獲得を目指していたツィマーマンの獲得の目処がついたため、そのチャンスが2部ドレスデンへと舞い込んできたようだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報