ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月30日

ブンデスリーガ全9試合の先発予想:原口、浅野、長谷部、久保、大迫が先発予想

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


8月31日20時半〜(日本時間27時半〜)

【ハノーファーvsドルトムント】

ハノーファーの先発予想:エッサー – ゾルク, アントン, ヴィマー, オストルチョレク – シュヴェグラー, ウォレス – ベブー, 原口元気 – 浅野拓磨, フュルクルーク

※kickerポイント:負傷を抱えるシュヴェグラーの代役としては、バカロルツが控えているところだ。3−5−2システムを採用した場合には、コルブがオプションの一人ということになるだろう。また前節先発したマイナの代わりに、原口元気が先発する可能性もある。

ドルトムントの先発予想:ビュルキ – ピシュチェク, アカンジ, ディアロ, シュメルツァ – ダフード, ヴィツェル, デラニー – サンチョ, フィリップ, ロイス

※kickerポイント:先日加入のパコ・アスカシバルはまだ時期尚早と判断され遠征に帯同せず、トップの位置ではマキシミリアン・フィリップが先発する可能性があるだろう。またクリスチャン・プリシッチが筋肉系の問題により不参加となり、代役候補はジェイドン・サンチョのほか、マリウス・ヴォルフの起用も考えられる。

9月1日15時半〜(日本時間22時半〜)

【ホッフェンハイムvsフライブルク】

ホッフェンハイムの先発予想:バウマン – ビチャクチッチ, フォクト, ヌフ – カデラベク, グリリッチュ, N.シュルツ – グリフォ, ビッテンコート – シャライ, ジョエリントン

※kickerポイント:クラマリッチはトップ、もしくはCMFとしての先発のオプションということになる。さらにツーバーもCMFの先発候補にあげることができるだろう。なお前節のバイエルン戦で大腿筋を負傷したフォクトが欠場する危険性はもうないようだ。

フライブルクの先発予想:シュヴォロウ – P.シュテンツェル, グルデ, ハインツ, C.ギュンター – へフラー – ゴンドルフ – ヴァルトシュミット, フランツ – ペテルセン, ニーダーレヒナー

※kickerポイント:もっとも注目されるのは、選手というよりはむしろ監督だ。負傷によりここまでの公式戦2試合で試合参加を見送っているシュトライヒ監督だが、果たして代表戦の前に復帰を果たせるか。先発メンバーは、おそらくフランクフルト戦と同じものだろう。

【レヴァークーゼンvsヴォルフスブルク】

レヴァークーゼンの先発予想:R.エズカン – ヴァイザー, ター, ドラゴヴィッチ, ヴェンデウ – アランギス, L.ベンダー – ブラント, ハヴェルツ, ベイリー – アラリオ

※kickerポイント:アランギスとL.ベンダーはチームへと復帰。ダボルボランチを形成することになるだろう。これによりハヴェルツがオフェンスの中盤に復帰することが可能となり、もしもトップの位置にアラリオが起用されることになれば、フォランドがベンチに下がる可能性もあるだろう。

ヴォルフスブルクの先発予想:カスティールス – ウィリアム, クノッヘ, ブルックス, ルシヨン – カマチョ – ゲルハルト, アーノルド – シュテッフェン, ブレカロ – ヴェクホルスト

※kickerポイント:果たしてヴェクホルストが起用されるのか、それともギンチェクなのか?ラバディア監督はその答えを再び迫られることになる。シャルケ戦ではヴェクホルストが精力的なプレーで納得させてはいたものの、しかしながえらその試合で得点を決めたのはギンチェクだった。中盤では負傷離脱した主将ギラボギに代わり、ゲルハルトが起用されるかもしれない。

【フランクフルトvsブレーメン】

フランクフルトの先発予想:レノウ – ダ・コスタ, アブラーム, サルセド, ウィレムス – 長谷部誠, G.フェルナンデス – N.ミュラー, ガチノヴィッチ, コスティッチ – ハーラー

※kickerポイント:果たしてこの試合までにレビッチが復調を果たせるかどうか、すくなくともベンチには入ることができるのか。それは不透明となったままだ。コスティッチがタワサの代わりに先発に加入する可能性がある。長谷部誠はボランチ争いの中でトロにプレッシャーをかけることになるだろう。ただもしも3バックを採用することになれば、長谷部誠は3バックの中盤で起用されることになる。

ブレーメンの先発予想:パヴレンカ – ゲブレ・セラシエ, ヴェリコヴィッチ, モイサンデル, アウグスティンソン – バルグフレーデ – M.エッゲシュタイン, クラーセン – 大迫勇也, カインツ – M.クルーゼ

※kickerポイント:大腿筋に打撲を受けたクルーゼだが、しかしながら復調を果たすことができそうだ。また筋損傷を抱えていたハルニクについては、まずはジョーカーとしての起用が見込まれるだろう。 そのため開幕戦と同じ顔ぶれでの先発メンバーとなるだろうが、ただラシカが大迫勇也、もしくはカインツの代わりに先発メンバーに名を連ねるかもしれない。

【アウグスブルクvsグラードバッハ】

アウグスブルクの先発予想:ギーファー – シュミット, ハウウェーレウ, ヒンターエッガー, マックス – ケディラ, D.バイアー – ハーン, グレゴリッチュ, カイウビー – M.リヒター

※kickerポイント:バウム監督は、前節で2−1で勝利をおさめた先発イレブンを再び起用する可能性があるだろう。ただチがリヒターの、クが中盤のさらなるオプションとして控えている。

グラードバッハの先発予想:ゾマー – マイヤー, ギンター, ヤンチュケ, ヴェント – シュトローブル – ホフマン, ノイハウス – T.アザール, F.ジョンソン – ラファエル

※kickerポイント:今週、クラマーは病気のために離脱中。へっキング監督はレヴァークーゼンで勝利はおさめたものの、先発メンバーを変更する可能性がある。中耳炎から回復したエルヴェディと、筋損傷から回復したベネシュはチーム練習へと復帰した。

【ニュルンベルクvsマインツ】

ニュルンベルクの先発予想:ブレッドロウ – ヴァレンティーニ, マルグライター, ミュール, ライボルト – ペトラク – ベーレンス, フクス – パラシオス, 久保裕也 – イシャク

※kickerポイント:主将ベーレンスは筋肉系の問題のために、水曜日まではランニングメニューに終始。もしも離脱ということになれば、内転筋の問題から復調したレーヴェンがオプションということになるだろう。また腱炎から回復したヴァレンティーニもオプションの一人となっており、またパラシオスの代わりに、ズレリャークが先発出場する可能性もある。

マインツの先発予想:F.ミュラー – ブロシンスキ, ベル, ニャカテ, アーロン – クンデ, Ri.バクー – オニシウォ, ホルトマン – クアイソン – マテタ

※kickerポイント:負傷を抱えたグバミンの代役としては、クンデが控えているところだ。右サイドではオニシウォ、もしくは新加入で両サイドでプレー可能なボエチウスもオプションということになるだろう。

9月1日18時半〜(25時半〜)

【シュトゥットガルトvsバイエルン】

シュトゥットガルトの先発予想:ツィーラー – ベック, パヴァール, バートシュトゥーバ, インスア – アスカシバル, カストロ – ゲントナー, ディダヴィ, ドニス – ゴメス

※kickerポイント:開幕戦での敗戦から、入れ替えを行なってくることになるだろう。センターバックの左側については、バートシュトゥーバかバウムガルトル、右サイドバックではベックとマッフェオ、そしてFWでもディダヴィとドニス、トミーとゴンザレスが争うことになる。

バイエルンの先発予想:ノイアー – キミヒ, J.ボアンテング, フメルス, アラバ – ハビ・マルティネス – T.ミュラー, ティアゴ – ロッベン, F.リベリ – レヴァンドフスキ

※kickerポイント:フメルスがこの試合では先発メンバーに名を連ねることになるだろう。また先日のシュヴァインシュタイガーの送別試合で負傷していたゴレツカは大事には至っておらず、再びメンバー入りすることが見込まれている。

9月2日15時半〜(22時半〜)

【ライプツィヒvsデュッセルドルフ】

ライプツィヒの先発予想:グラーチ – クロスターマン, コナーて, オルバン, サラッチ – カンプル, デメ – サビッツァ, フォルスベリ – Y.ポウルセン, オギュスタン

※kickerポイント:ヨーロッパリーグ予選の結果次第といったところか。ただキエレとフォルスベリについては、ともに水曜日では膝の軽い問題を抱えている。

デュッセルドルフの先発予想:レンジング – M.ツィマーマン, アイハン, ホフマン, ギーセルマン – シュテーガー, ソボットカ – ルケバキオ, ヘニングス, ラマン – ドゥクシュ

※kickerポイント:アウグスブルク戦と同様に、フンケル監督はこの試合でもわんトップで臨む可能性があるだろう。ただドゥクシュをトップの位置に起用して、ヘニングスを少し下げた位置で起用する可能性が考えられる。

9月2日18時〜(25時〜)

【シャルケvsヘルタ・ベルリン】

シャルケの先発予想:フェアマン – D.カリジュリ, S.サネ, ナウド, メンディル – ルディ – シェプフ, コノプリャンカ – S.セルダー – G.ブルクシュタラー, ウート

※kickerポイント:ナスタシッチの出場停止処分により、守備陣の入れ替えを余儀なくされるテデスコ監督。4バックへと変更することも考えられるだろう。またメンディルがババの代わりに左サイドバックで、また右サイドではマッケニーがカリジュリの代わりで起用され、カリジュリはオフェンシブなポジションで起用されることも考えられる。

ヘルタ・ベルリンの先発予想:ヤースタイン – シュターク, レキク, トリナリガ – クリュンター, グルジッチ, マイアー, ミッテルシュテート – ラザーロ, カルー – イビセヴィッチ

※kickerポイント:プラッテンハルトの離脱により、ダルダイ監督は先発メンバーの変更を余儀なくされる。またシステム自体を4バックに変更することも考えられるだろう。気胸の手術を乗り越えてチーム練習復帰を果たしたゼルケについては、まだ出場は時期尚早。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報