ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月02日

ワグナーに得点数を抜かれることを歓迎するマッターン氏、

SV Darmstadt 98
SVダルムシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mattern-1459498136

1976〜1983年までダルムシュタットに在籍し、81/82シーズンに2部降格も経験したボド・マッターン氏。1978〜79シーズンでは当時23歳で13得点をマークし、それはクラブ史上、ブンデスで2番目の得点記録をもっている人物だ。


「あのときは怪我で24試合しかできなくてね」と、当時について振り返った同氏。そして約40年ぶりに1部昇格を果たした現在のチームでは、昨夏加入のサンドロ・ワグナーが11得点をマーク、残り7試合で2得点をあげれば、マッターン氏の記録を抜くことになる。


同氏はこれを歓迎した上で、「何よりクラブにとっては1部に残留すること。バイエルンのようなサッカーはできないんだ。90分の間で集中を欠けば、このリーグではどうなるのか。それは前回のヴォルフスブルク戦で目の当たりにしたことだ。」と、古巣にエールを贈っている。