ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月14日

ダルムシュタットが見せる2つの顔

SV Darmstadt 98
SVダルムシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaaa-1460557967

ブンデス3部から1部へと一気に駆け上がり、そして昇格1年目で5試合を残し勝ち点32を稼いだダルムシュタット。


勝ち点3の制度が導入された1995/96シーズン以降、これまでにその状況から2部降格を喫したクラブは4クラブしかなく、記憶に新しいのは2010/11シーズンに大ブレーキで降格したアイントラハト・フランクフルトだ。(前半戦は7位で折り返していた)


ただ特に今季のダルムシュタットの特徴として挙げられるのは、アウェイ戦での強さである。アウェイ戦のみの順位表でみれば、ダルムシュタットは実に4位と素晴らしい成績を収めており、これは3番目のレバークーゼンに勝ち点1差に迫る好成績だ。


ただしその一方でホームでは、この14試合でわずか1勝、ホームでの順位表は17位となっており、残留へ歩みを進めるためにも、今節ホームで行われるインゴルシュタットととの昇格組対決では、この流れに歯止めをかけたい。




監督:ダーク・シュスター

… インゴルシュタットについて

私からみれば、シーズンで最も難しい試合だと思うね。インゴルシュタットは非常に規律をもった、コンスタントにパフォーマンスを発揮する、フィジカルに長けたチームなんだ。そしてブンデスで3番目に少ない失点数を誇っているチームだよ。勝ち点39を重ねたことで自信を胸に試合へと臨んでくるし、守備だけでなく前線にもレッキー、レスカノ、ハルトマンといった危険なFWたちがひかえているんだ。とてもクオリティのあるチームだよそれにグロースはリーグでの屈指のセットプレーのスペシャリストだ。我々にとっては、引き続き集中して取り組んでいき、そしてインゴルシュタット戦に向けて良い準備を行なっていきたい。ただ大腿筋に負傷を抱えるライコヴィッチに関しては、出場はギリギリだ。まだ決断は下してはいないが、長期離脱になるようなリスクをおかす考えは我々にはない。火曜の練習を休んだワグナーについては、内転筋に軽い問題を抱えていてね。しかし大事に至ったのではなく、あくまで念のための措置だよ。




先発予想

マテニア – ユングヴィルト, スル, カルディローラ, ホランド – ニーマイヤー, ゴンドルフ – ヘラー, ラウシュ – ヴランチッチ – ワグナー

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報