Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月11日

ダルムシュタットが新指揮官と新GKを獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

既報通りダルムシュタットは、ノルベルト・マイアー監督を迎え入れたことを発表した。契約期間は2018年までとなっており、57歳の新指揮官に対してフリッチュ会長は「彼の持つ経験や専門知識、しして人間性は、ダルムシュタットにとてもマッチすることだろう」と期待を寄せている。


ダルムシュタットでは先日、4部降格の危機から1部にまで導いたダーク・シュスター監督がアウグスブルクへと移籍しており、その際には移籍金として110万ユーロを手にしたのだが、今回はマイアー氏引き抜きにあたってビーレフェルトに対し、ボーナスこみの40万ユーロを支払っている。これまで監督としてグラードバッハ、デュイスブルク、そしてデュッセルドルフなど、ブンデス1部60試合で指揮を執ってきた同氏は、デュッセルドルフ時代に大前元紀を指導した経験も持つ。


image監督に続きGKも獲得へ


さらにダルムシュタットは、2部パダーボルンからGKダニエル・ホイアー・フェルナンデスを獲得したことも発表した。ドイツとポルトガルの国籍を有する22歳の獲得には、移籍金は発生しない。


フェルナンデスは「ダルムシュタットでさらに成長していきたい。来季の定位置争いに向けてとても野心的だよ」とハンブルクへ移籍したマテニアの後釜として意欲的な姿勢をみせ、またヴァッへGKコーチは「とてもいい育成を受けており、テクニックにとても長けたGKだ」との評価を示した。


パダーボルンではクルーゼとの定位置争いを制して13試合に出場、kicker採点平均では3をマークしている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker