Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月24日

ローゼンタール「ヴランチッチと共存できる」

SV Darmstadt 98
SVダルムシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

来季に向けて始動したダルムシュタット。そこにはマリオ・ヴランチッチとヤン・ローゼンタールの姿が見受けられた。


フランクフルトから当時2部にあったダルムシュタットに移籍したローゼンタールは、昨シーズンに1部昇格を果たし、今季はブンデスリーガへと復帰。しかし負傷などに見舞われ、無得点4アシストという結果に終わっている。


そのローゼンタールの離脱のチャンスを活かしたのが、昨夏に2部降格を喫したパダーボルンから加入したヴランチッチだ。移籍当初はシュスター監督のサッカーになかなか慣れなかったものの、その後は定位置の確保に成功。


まだ個人練習とはいえ、まもなくしてローゼンタールが復帰を果たすと、二人はマイアー新監督の下で、新たに定位置争いを演じていくことになる。


だがローゼンタールは「僕たちはライバルではない。このチームではどの選手だって必要なんだ」とコメント。さらに「僕たちは共存だってできるさ」との見方も示した。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker