ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月21日

ダルムシュタット、ゴンドルフとの延長に成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

2017年まで契約を残し、さらに例外条項も有していたジェローム・ゴンドルフには、ハンブルクやマインツからの関心も寄せられていたが、ダルムシュタットは水曜、同選手との契約を延長したことを発表した。


ゴンドルフは「いろいろ噂もあったけど、このチームの一員であることをとにかく嬉しく思うよ。素晴らしい時間を過ごしてきたし、これからもブンデス残留という大きな目標にむかって、チームとともに頑張りたい」と喜びを語っている。


image「ここ数週間は、僕の個人的なことで、いろんなウワサが出ていたし、たくさんの真実ではないことがかかれていた。特に最後の方は、ほとんどが想像で、真実ではないものだったよ。ダルムシュタットから出ていく必要がある、移籍をしたいと思ったことはない。他にオプションがあるからといって、必ずそういうことになるわけではないだろう?これからの新しい戦い、ダルムシュタットでのブンデス1部での戦いを楽しみにしているよ。また不可能が可能であることを、世界に見せてやろうじゃないか!」


今回の契約には例外条項がつけられていないが、具体的な契約期間については特にあかされていない。ファッハSDは「3部から一気に駆け上がってきたチームにあって、彼は重要な柱として活躍してきた選手だ。だからこれからも彼とともに戦えることを、とにかく嬉しくおもうよ」とコメント。


2013年にシュトゥットガルター・キッカースからダルムシュタットに加入した同選手は、リーダーとしてチームをけん引し、昨シーズンは昇格組ながらブンデス1部残留に貢献。kicker採点平均3.64をマークした。


imageまたダルムシュタットは長期間クラブで育成してきた、”ローカルプレーヤー”のAユース4選手、リアム・フィッシュ、ヨハネス・ヴォルフ、ダニエル・トゥーア、そしてジャン・ルカ・アイドガンとプロ契約を締結したことも発表している。