Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月06日

ヘーン「最初の公式戦からプレーしたい」

SV Darmstadt 98
SVダルムシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

h__hn8-1470381884

土曜日に行われるカイザーシュトゥール杯では、今夏加入のイマヌエル・ヘーンは8年間過ごしたフライブルクと対戦することになる。ダルムシュタットとの印象について、同選手は「フライブルクのように家族的で、結束しており、とてもコミュニケーションをとっている。これは僕にとっては重要なことだよ」と語った。


両クラブの違いについては、この数年で一気に1部に駆け上がったダルムシュタットとは異なり、「フライブルクは15年間ずっと、1部か2部でプレーしてきた。ダルムシュタットではまだ時間が必要だ」とコメント、両監督の違いについては「シュトライヒ監督は練習をすぐ止めて修正していたけど、マイアー監督は長くプレーさせてから修正する。シュトライヒ監督はとても感情を露にする監督だけど、マイアー監督はより落ち着いている印象だね。ただ今はこれくらいしかわからないよ。フライブルクでは長年過ごしてきたんだ」と述べている。


なおプレーするポジションについては、「CBが最もやりやすい」」と前置きした上で、「チームの助けになるなら、監督から指示されればボランチでもプレーするよ。フライブルクで戦術面では多く取り組んできたんだ」との考えを示し、ライコヴィッチの移籍でそのCBでは出場のチャンスが増したようにみえるが「その前にチャンスが少ないと思っていたのではないし、ずっとその目標のために日々取り組み続けるよ。できれば最初の公式戦でその機会がくるといいね」と意気込みを見せた。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker