Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月14日

ローゼンタール、復帰時期は「監督の判断待ち」

SV Darmstadt 98
SVダルムシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1473863885
フランクフルトとのヘッセンダービーで勝利を収めたダルムシュタット。今節はチャンピオンズリーグ参加の強敵ボルシア・ドルトムントが相手だ。

ただ昨シーズンでは、ダルムシュタットはドルトムントから勝ち点を得た数すくないクラブであり、2−2のドローを演じて見せている。その時に先発出場していた選手の一人が、先週の火曜からチーム練習復帰を果たした、ヤン・ローゼンタール(30)だ。

「あれは素晴らしい試合だった」と振り返ったベテランMFは、「でも今回はライプツィヒに敗戦した後だからね、プレッシャーがかかっているだろう」と言葉を続けた。

4月終わりのアキレス腱の手術を受けた同選手は、まだ完調を目指している段階であり、復帰については「監督に行けといわれれば、15〜20分は行けるだろう」とコメント、「仮に2週間は必要だと言われれば、それでも問題はないさ」と語った。

ハノーファーで育成され、その後フライブルク、フランクフルトと渡った186cmの攻撃的MFは、出場機会を求めて当時2部ダルムシュタットに2015年冬に加入。1部昇格を果たした昨シーズンは、リーグ戦22試合に出場して4得点をマークしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker