Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月20日

右SBでのアピールを目指すCBヘーン

SV Darmstadt 98
SVダルムシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hoehn8-1476886304
本来はCBを本職とするイマヌエル・ヘーン。だが今は右サイドバックで新たな役割に挑戦しているところであり、週末のヴォルフスブルク戦でもアピールしていきたいと意気込んでいる。

「とてもうまくいったよね。またプレーできたらうれしいよ。監督が決めることではあるけれど」

そう語ったヘーンは、今回の代表戦期間で行われたテストマッチで右サイドバックとしてプレー。そして週末のマインツ戦ではその右サイドバックで出場の機会を掴むことに成功した。

「フライブルク時代では、ずいぶんとたくさんのポジションでプレーしたからね。特に悩むこともないよ」しかしそれは随分前の話にまで遡ることになる。

現在は先発アルテム・フェデツキーが不調にあり、ダルムシュタットのオプションとしてはMFユングヴィルトやシリグらが控えているところだ。

一方のヘーンは、開幕からCBとして先発していたものの、主将スルの復帰にともない再びベンチに下がっており、この機会をうまく活かしてさらなる出場機会の確保をめざしていきたい。

その週末のヴォルフスブルク戦にむけ、ヘーンは「監督交代があると常に新しいことがもたらされるもの。だからどういう試合になるかは予想しにくい」と述べ、「でも僕たちとしてはホームの強さを発揮したい。最近の戦いができれば、勝ち点だって得られるはずだ」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker