Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月08日

苦しむシップロックとチャンスを活かしたいチョラク

SV Darmstadt 98
SVダルムシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スウェン・シップロック

スウェン・シップロック



特にオフェンス面での弱さを露呈し、ついに入れ替え戦となる16位にまで交代したダルムシュタット。その象徴的存在ともよべるのが、今夏にブンデス116試合に出場し加入したスウェン・シップロックだろう。

キャリア通算17得点を挙げている同選手だが、しかしダルムシュタットでの得点はまだ、お預けとなったままだ。「FWというのは1得点でも挙げれば、またうまくいくようになったりするものだ。得点とは常に、好影響を与えるものだよ。常に全力を尽くしているんだけど、でもいまはなかなか得点を決められないね。簡単な場面もあるというのに。」と同選手。

その一方でこの状況をチャンスに変えたのが、今夏にホッフェンハイムからレンタルで加入したアントニオ=ミルコ・チョラクだ。23歳のFWは、今夏にテスト生として参加して、ブンデス1部での舞台を勝ち取ると、第4節から4試合連続先発を続けて2得点をマーク。ここのところは再びベンチスタートとなったが、週末のレヴァークーゼン戦では後半からシップロックにかわって投入され、1得点を挙げてみせた。「何試合かゴールから遠ざかっていたからうれしいよ。後半はスペースがあったし、それをうまく活かしたんだ」とコメント。

だがチームは敗戦を喫して入れ替え戦圏内間近へと沈んでおり、代表戦明けに迎える17位インゴルシュタット戦を前にこの試合は本当に重要な試合だ」と意気込みを見せた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker