Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月24日

ヘーンが足を骨折、年内全休へ

SV Darmstadt 98
SVダルムシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hoehn8-1479912002
水曜日にイマヌエル・ヘーンが中足を骨折。少なくとも年内は離脱することが明らかとなった。さらにこの日のチーム練習では、シップロック、ヘラー、ユングヴィルト、ベジアク、シュトロー=エンゲル、プラッテが不参加となっている。

午前の練習中に肩を抑えてロッカールームへと下がったヘーンだったが、午後には左足を骨折していたことが判明。

これからマイアー監督は、右サイドバックの入れ替えを行うことになる。

ただしこのポジションでは多くのオプションが控えており、開幕時に主力を務めていたフェデツキーをはじめとして、ユングヴィルトをボランチから、もしくは右サイドの前後をこなすシリグを起用することも考えられるだろう。

なおそのユングヴィルトは、午前に足に打撲を受けたヘラーと共にランニング。3週間前につま先を負傷したベジアクはまだチーム練習に参加dけいない状態にあり、シュトロー=エンゲルは膝の問題のために、長期離脱のプラッテと、胃腸炎のシップロックとともに練習参加を見合わせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker