Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月01日

ついにピッチに戻ってきたシュトロー=エンゲル

SV Darmstadt 98
SVダルムシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ダルムシュタットのプレスカンファレンスにおいて、なかばお決まりの質問となっていたのが、「シュトロー=エンゲルはいつプレーするのか」というものだった。

財力に乏しい小さなクラブが3部から1部へと奇跡の昇格を果たし、FWとしてそのオフェンスを支え続けた同選手。だが昇格を果たした昨シーズンでは半分以下となる15試合の出場にとどまり、今シーズンにいたっては第11節にいたるまでメンバー入りさえままならない状況が続いた。

それでも同選手は「諦めないしクラブのために戦う」と宣言。マイアー監督はインゴルシュタット戦の前に「君のチームにおける行動はまさに模範的でありパフォーマンスも迫ってきているものがある。それまではフィジカルに問題があった」と説明したことを明かしていており、そして第12節シャルケ戦の後半85分についにシュトロー=エンゲルがピッチに立った。

「嬉しい気持ちと感謝の気持ちもある。くさらずに必要とされるときまで全力をつくしてきた」と喜びを見せた。ただしシュトロー=エンゲルとの契約は今季いっぱいまでとなっており、チームの躍進を支えた功労者が今冬にもチームを去る可能性もある。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker