ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月02日

シリグ「ラストチャンス?そんなことはないさ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sirigu8-1488378064
入れ替え戦となる16位までの勝ち点差が、ついに8にまで拡大した最下位ダルムシュタット。危機的状況へと陥ったチームにあって、ブレーメンとの下位対決を前にポジティブな様子をみせているのが、サンドロ・シリグだ。

「この試合がラストチャンスなんてことはないよ」そう語った28歳のMFは、「これまでの試合と同じことさ。楽しみにしているし、他の試合に目を向けても最下位であることに変わりはないのだから」と言葉を続けている。

なお前節ではヤン・ローゼンタールが負傷を抱えたことにより、前半35分で投入されたが、そのアウグスブルク戦での敗戦についてシリグは「うちの強みであるカウンターをあまりゆるさないようにしたかった。リードしてたらもっとよかったんだけど」とコメント。だがアウグスブルク戦では終盤のヘラーのゴールシーン以外は特にチャンスを作り出せていない。

今週は引き続きローゼンタールがリハビリを行なっていることからも、シリグには出場のチャンスが広がっているが、シリグはあくまで「監督の決断を受け入れるよ」との考えを強調した。

またハミト・アルティントップはチーム練習参加を果たしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報