ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月14日

「重要な勝利」を喜ぶフリンクス監督

SV Darmstadt 98
SVダルムシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われたマインツ戦での勝利後、ダルムシュタットの選手、首脳陣らは大きな安堵感に包まれた。

確かにまだ入れ替え戦となる16位ハンブルクまでの勝ち点差は8と大きなものではあるものの、ここのところはいいパフォーマンスをみせながらも敗戦が続いていただけに、フリンクス監督は「今日は確実に勝利にふさわしかったと思う。アグレッシブに試合に入りたかったし、早々に2点リードできたのは理想的だった。ここのところはいいパフォーマンスを見せていただけに、結果がついてきたことは重要なことだよ」とコメント。

「数的不利のなかでも戦いを挑んでいる姿をみれたのはよかった。こういう風に勝利を収められると知ることは、ここのところの結果をみては大きなポイントとなるよ。ここの誰も諦めてはいないし、これからも勝利を目指していく」と意気込みを見せている。

またジェローム・ゴンドルフは、この日は奇跡の昇格を支えた一人のファンの一周忌で、その慈善団体へのチャリティも含まれていたこの試合で、そのスローガンである「諦めるな。まだ戦いは終わってはいない、という言葉は今週のて0まだった。今日はまたちょっとした1つのストーリーをえがけたね。まさにふさわしいものだったよ、この日のために」と述べ、主将のアイタッチ・スルは「誰もがここでのストーリーを知っているし、ファンも僕たちもこの結果を求めていた」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報