ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月25日

GKに贅沢な悩みを抱えるダルムシュタット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4616
ここまでリーグワーストの失点数を記録している最下位ダルムシュタット。しかしこと、ゴールキーパーというポジションのみに関しては、ここまで2選手ともにkicker採点平均2点代をマークする、好成績を収めているところだ。

昨季の1部残留を支えたクリスチャン・マテニアが、ハンブルクガーSVへと移籍し、その後継者候補として、昨夏にダルムシュタットへと加入した両者。

その結果、当時のノルベルト・マイアー監督は、29歳のミヒャエル・エッサーを先発起用する判断を下し、25歳のダニエル・ホイアー・フェルナンデスは、そのバックアップを務めることとなった。

そして開幕から22節まで全てで先発出場を続けてきたエッサーだったが、それから3試合は負傷のために離脱。その穴埋めを、ホイアー・フェルナンデスがカバーし、アピールすることに成功している。

今回の代表戦期間では、そのエッサーが復調を果たす見通しであり、代表戦あけからの9試合に向けて守護神争いにも注目が集まるところだが、果たしてトルステン・フリンクス監督は奇跡の残留を目指し、どういった判断を下していくことになるんだろうか?


  • ブンデスリーガ・各チーム情報