ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月03日

降格の危機に瀕するダルムシュタットがシリグとの延長に成功

SV Darmstadt 98
SVダルムシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4760
週末の試合では2位ライプツィヒに完敗を喫し、1部残留に向けてもう後がなくなったダルムシュタット。しかし日曜日には1つの朗報が伝えられた。サンドロ・シリグがダルムシュタットとの契約を、2019年まで延長することで合意に達している。

延長した理由について、シリグは「ここでの4年間で、このクラブは僕にとってとても大きなそんざいとなっていたし、ブンデス1部でプレーするという夢も実現することができた。それにプライベートでもここは第2の故郷となっているよ」と説明。

「気持ちが深くつながっているからね、今回の決断はとても簡単なものだったさ」と言葉を続けている。

一方のトルステン・フリンクス監督は「彼の決断をとても嬉しく思う。このクラブで成長した、まさにクラブを代表する選手の一人だ。」と喜びをみせ、さらに「今回の延長が、他の長期契約を残す選手たちにも影響することを期待している」と述べた。

2013年夏に当時3部のダルムシュタットに加入したシリグは、3部から1部へと一気にかけあがるシンデレラストーリーのその主力をになった選手の一人であり、2部昇格時のビーレフェルトとの奇跡の逆転勝利も経験。

今季はブンデス1部にあるチームのなかで先発を確保しており、ここまで24試合に出場して2得点3アシスト、kicker採点3.94をマークしているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報