ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月11日

ヴランチッチ大事に至らず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

imago27960451h-1491830750
またしてもセットプレーで失点を喫し、インゴルシュタットとの下位対決で敗れたダルムシュタット。

トルステン・フリンクス監督は「警戒していたのに…、またしても愚かなファウルが起こってしまった」と肩を落とした。

なおこの試合の後半71分に、MFマリオ・ヴランチッチが相手MFロジャーと交錯。

ふくらはぎから大腿にかけて裂傷を負い交代を余儀なくされている。

だが火曜日の休養日を経て、再びチーム練習に参加する見込みとのことで、特に大事には至らなかったようだ。

さらに前節で欠場したシドニー・サムやジェローム・ゴンドルフの参加が見込まれているものの、一方でくるぶしを負傷しているテレンス・ボイドについては、月曜日はランニングメニューへの参加を見送った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報