ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月21日

フリンクス監督「とにかく勝利したい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末にせまったハンブルク戦を前に、トルステン・フリンクス監督は「プレッシャーがかかっているのは、ハンブルクのほうだけだよ」とコメント。「我々はシャルケ戦での勝利により、自信が蓄積されているし、楽に戦うことができるさ」と、ここまで14戦全敗のアウェイ戦に向けて意気込みをみせた。

ただその一方で、相手指揮官マルクス・ギズドル監督が「うまく修正してきている」との見方も示しており、かつてはブレーメンの選手として永遠のライバルであったハンブルク戦にむけては「それは大した問題ではないさ。とにかく勝利をおさめたい。それはブレーメン戦でも同じことだ」と語っている。

計算上は今回の試合の結果次第で、ダルムシュタットの2部降格が決定する可能性もあるのだが、この試合ではペーター・ニーマイヤーとテレンス・ボイドがともに欠場。さらにレオン・グワラは病気を患い、遠征への帯同が見送られている。

またスウェン・シップロックにとっては、レンタル元との対決という意味合いもあるが、ここまでダルムシュタットで思う様なシーズンが過ごせていない一方で、前節のシャルケ戦では相手DFの退場に絡むなど、チームに勢いをもたらし勝利に貢献しており、指揮官も「シャルケ戦ではうまくやってくれたね」と目を細めた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報