ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月26日

あまりに大きなゴンドルフの穴。対人戦勝率はホランドがトップ

SV Darmstadt 98
SVダルムシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1495728782
来季からは2部で戦うことになったダルムシュタット。すでにこれまでダルムシュタットの中盤を支えたジェローム・ゴンドルフが、ブレーメンへと移籍することを発表しているが、しかしスタッツを見るとその穴はあまりにも大きいものとなりそうだ。

ゴンドルフが今季記録したアシスト数は、チーム内では2番目に多い6。パス成功率もチーム2位の76.8%を記録。

さらにボランチとして精力的なプレーも披露しており、総走行距離11.73km/90分というのは、チョラクやヴランチッチ、アルティントップを抑えてチームトップの数字である。

またゴンドルフはもっとも相手にファウルしている選手(44)ではあるもの、しかし逆にファウルをうけた回数は84とほぼ倍。チーム内での2位スルは41となっており、こちらとも倍以上の差をつけた。

なお対人戦勝率は左サイドバックのフロリアン・ホランドがチーム内でトップ。以下ニーマイアー、ユングヴィルト、スルという順番になっている。