ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月25日

レーヴ代表監督「プレッシャーを楽しむこと」

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1464084397-1

火曜日に合宿地スイスのアスコナへと向かったドイツ代表。ヨアヒム・レーヴ代表監督は「代表メンバー全員が、ユーロ2016優勝を目指している」と意気込みを見せた。


ワールドカップ優勝後は、なかなか思うような戦いを見せられていないドイツ代表。


それでも「ミュラー、ボアテング、フメルス、ノイアー、シュヴァインシュタイガー、そしてケディラらが、チームを引っ張って、再び軌道に乗せてくれるだろう」と期待感を示している。


なお前回のユーロ2012では、辛い形での敗退を喫して批判も浴びた。「消化するのに長い時間が必要だった。サッカーのことを見聞きするのを避けていたくらいだよ。疑心暗鬼になっていた。戦術的に、別のことができたのではないかとね。」とレーヴ監督。


そしてその2年後には、ブラジルにて世界の頂点へと立って今大会へと臨んでおり、「新たに力を証明したいし、成功を収め、また勝利を味わいたいと思うよ」と語った。


また、自身のモチベーションについては、「長いこと監督をしているし、テストマッチも親善試合もビッグトーナメントも、これまでなんでも経験してきたが、しかし特別な刺激をもって今大会に臨んでいるよ」と指揮官。プレッシャーはむしろ「望んでいる」との見方を示し、その理由については「それはパフォーマンスを発揮するために必要なものだ。むしろプレッシャーを楽しむということだよ」との考えも述べている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報