ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月02日

優勝の二文字しか頭にないエジル

Germany
ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

メスト・エジルにとって、今回のユーロでは優勝の二文字しか頭にはない。


「それを手にしなくてはならないんだ。できなければ失望を抱えることになるだろう。2012年に出場したユーロでは、準決勝でイタリア代表に敗戦を喫している。今回はもっと先に行きたいし、優勝杯を手にするために全力を尽くすよ」と、エジルは語った。


かつてレアル時代でチームメイトだったサミ・ケディラが、現状ではタイトル獲得のチャンスはないと厳しい発言をする一方で、エジルはむしろ前向きに考えており「大会前にメディアが落ち着きをもたないことが、チームの力が無いという意味にはならない」とコメント。


これまで2010年W杯、2012年のユーロ、そして2014年のW杯を経験したプレーメイカーは「これまでにも僕たちは、大会に入れば存在感をしめしてきた。そして最低でも準決勝進出という結果も残してきたよ。いいサッカーも見せながらね。」と述べている。


その一方でW杯優勝後は、テストマッチなどで思うような結果が得られていないが、「世界中が驚く成長を僕たちは見せてきた。準備はできている。大会に入れば違う姿を見せられるよ」と自信をのぞかせた。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報